«  友への沖縄旅日記、コト始めに。                  P.218                    | トップページ |  映画「島々清しゃ」、追っかけて、、、。               P.220 »

ふたたびの沖縄旅日記、続いて。               P.219

      前頁で旅日記の画面のマズさに、書き置くにはピンボケもあって、解読不能の恥さらしに…。
      今回は、旅日記の追加をパソコンのキー打ちに切り替え、友人への発信から2編を抜粋です。
      
予定通り、久々の八重山諸島に飛んできました。    ご無沙汰です。お元気でお過ごしですか~。
     まずは、カラッと暑い石垣島からのスタートです。     平良教授には、4月に昇格されたとの吉報が。
     
離島巡りの前には、手荷物をロッカーに預けて     遅ればせながら“お目出とうございます”です。
      白保へと、毎回バスで移動です。イマは離島の     留学終了記念の植樹には、波照間島を巡って
     
 桟橋から竹富島へと、お上りさんコースを巡って
     いて参加できず、大変残念な思いをしました。
      います。集落には赤瓦屋根に白砂の道、水牛車     イマは小さな島、多良間島に来ています。
      に三線と。まさに沖縄観光の絵葉書の世界が…。    島には、なんと亜熱帯植物が450種以上も
      ただ水牛車に乗って、のーんびり唄三線を聞い     
生えていると!とくに、島の植物には興味が
      たコトがなく心残りに。再訪では実現を!竹富島     あって、旅の目的の一つになっています。
      は、沖縄の原風景が残るパーフェクトな島です!    他にも沢山の観光スポットがあって、探索心
      離島の玄関口にふさわしい島。そんな景観を守     をくすぐられます。島一周では、
浜に出るトゥ
      る、島人の清々しい行に感服。  帰阪後にTelを。    ブリ40本を歩きます。  明日からは宮古島へ。
Cimg4960
 

|

«  友への沖縄旅日記、コト始めに。                  P.218                    | トップページ |  映画「島々清しゃ」、追っかけて、、、。               P.220 »

大阪から沖縄〈探索記〉」カテゴリの記事