« ふたたびの沖縄旅日記、続いて。               P.219 | トップページ | 冬晴れに咲く、南国の花「アカバナー」。          P.221 »

 映画「島々清しゃ」、追っかけて、、、。               P.220

Cimg5188_2  オッとー! 沖縄民謡の【島々清しゃ】が映画に~?
   これまで沖縄楽器の三線を、チョッとだけ習ったコトがあっ  
   て題名が気になった。さっそく初日、朝一番のりでテアトル
   梅田の映画館へかけつけた。 … すぐ、ブザーが<<<。
 あれっ? いつもの沖縄の爽やかな空気感がなく、いきなり
   バイオリン。映画のストーリーより、題名の八重山民謡
   【島々清しゃ
の唄はどこに? しばらくして、三線を弾く  
   島人おじいの島唄が♪~~  “まってましたー!”
   思わず背筋を伸ばし、姿勢をただして聴き惚れる。。。
 驚いたコトに、上映の途中から【島々清しゃ】が、弾む三線と
   なびく吹奏楽に編曲され、これまでの民謡とは一味違った
   楽曲に。これも音楽監督さんが、民謡の奏法を洋楽へと
   馴染ませたコトでの成果では。 おじい役の金城 実さん
   唄う、島唄の数々は 耳に心地よく、涙腺に来ましたよ~。

   初日の朝一番は入場者が少なく、帰りでは長蛇の列が。
                                    これまで【島々清しゃ】の名曲は、Beginを始めとしてブルー
                                       ス調の金城 功さんなど、多くの唄者がカバーを。
                                         
            *テアトル梅田での上映は、今月17日まで。
                                
                                     

|

« ふたたびの沖縄旅日記、続いて。               P.219 | トップページ | 冬晴れに咲く、南国の花「アカバナー」。          P.221 »

大阪から沖縄〈探索記〉」カテゴリの記事