«  映画「島々清しゃ」、追っかけて、、、。               P.220 | トップページ | 愛しの「宮古島」、大阪には「都島」。そして…。          P.222 »

冬晴れに咲く、南国の花「アカバナー」。          P.221

Cimg5263驚き、桃の木、山椒の木。これまで沖縄の花だと勘違い      
していた「アカバナー(ハイビビスカス。大阪でも寒い

冬の期間意外は咲き、広範囲の地でも咲く花だと知る。
日曜の昼間、近くの神社の境内では盆栽や植木鉢、切
り花など露店販売していて、たまたま立ち寄ると緋色に
咲いた「アカバナー」が二輪、派手やかに絵付けされた
器に出合った。コレは、南国沖縄の壷焼きでは~と?
何焼きかを店主に尋ねると“さぁー”の返事。素っ気ない。手にとり驚いたのは陶器にしては軽過ぎる? 後日、ヤバイとは思ったけど手に入れたい一念から、
次の日曜日を待って購入。どうもハワイの観光土産らしく、小さなヤシの実を乾燥させ漆器調に絵付け。
ツケ高台
は生成り仕上げ。TV「なんでも鑑定団」に出品するほどの、値打ちではないコトは明白。
部屋のインテリア向きには見栄えするかと。ちなみに値段は、500円とシールに。
Cimg5212“300円でイイよっ”と、温厚そうな顔付きの店主がニコッと。えぇっ~?
 冬晴れの日曜日、せっかく沖縄繫がりに出合えての感謝はどこへやら。
 コノ器の隣には沖縄の酒器カラカラが、値打ちモノらしいの風格を。
“一輪挿しに、花を生けてもイイよ~”と店主。 でも、、、遠慮する。
                     沖縄の地産ビールにも、アカバナー」を添えて描かれ、南国情緒を!
             
           

|

«  映画「島々清しゃ」、追っかけて、、、。               P.220 | トップページ | 愛しの「宮古島」、大阪には「都島」。そして…。          P.222 »

大阪から沖縄〈探索記〉」カテゴリの記事